スタッフのつぶやき・・・

スタッフのつぶやき・・・一覧

鼠径部痛症候群(groin pain syndrome)

鼠径部痛症候群

鼠径部痛症候群は、最近20年間で飛躍的に注目度が上昇したスポーツ疾患である。サッカーやラグビー、ホッケーなど股関節を酷使するスポーツに多発する。中田英寿選手や中村俊輔選手、ジダン選手、アンリ選手なども患った症状。

鼠径部の疫学(鼠径部痛を生じる原因疾患)

※鼠径部痛症候群の症状は多彩、診断基準は国際的に確立されていない。

Groin triangle

Falverらは多彩な症状を整理するため、上前腸骨棘、恥骨結節、上前腸骨棘から膝蓋骨上極までの中央点を結ぶ三角形をgroin triangle と定義。

 

Groin triangle中央

・腸腰筋損傷

・股関節病変

 

Groin triangle上方

・鼠径ヘルニア・鼠径管前、後壁損傷

 

恥骨結合

・恥骨結合不安定症・恥骨体骨髄浮腫

・恥骨円板の変性など

 

 

内転筋群

・長、短内転筋・恥骨筋

保存療法の変遷

・1990年代前半まで

Passive treatment

安静、および活動制限、薬物療法、物理療法、マッサージ、ストレッチ、鍼治療など

Passive treatmentの治療成績は総じて不良(Morelli 2001,LeBlace 2003,Caudlill2008)

・2000年代から

Active treatment

股関節周囲筋と体幹の段階的強化、立位での動的安定性の改善を目的とした積極的な運動療法

復帰率や長期成績などPassive treatmentより良好

・本邦

股関節周囲の拘縮除去、骨盤の安定性向上、全身の協調運動の改善を目的とした包括的なリハビリテーションが行われている。

 

 

2015年8月11日

7/22 勉強会

小児の骨折について
小児の骨折は、成人の骨折のミニチュア版ではありません。
特徴として、骨膜が厚く強靭で、早期に多量の仮骨(新しい骨)形成を認めます。
骨癒合(骨がつくこと)が容易ですが、成長に伴い変形が進行することがあったり、注意が必要です。
12歳にピークがあり、男女比では2.7:1と男子に多いです。
受傷機転は転倒、転落が6割で、部位としては橈骨(手首の骨)、指節骨(指の骨)、鎖骨など上肢の骨折が多いです。
「転倒し手をついた」「指にボールをぶつけた」痛みは軽くとも、レントゲンで骨折がはっきりすることもあり、放置せず整形外科を受診してください。

佐藤 康史

 

2015年7月30日

7/29 勉強会

テニストーナメントのトレーナーについて勉強会を行いました。

メディカルチーム

①    トーナメントドクター

オン・コール・・・即座に医学的な処置が必要な場合のこと

②    トーナメントトレーナー

オン・サイト・・・競技者が何らかの処置、手当が必要でメディカルタイムアウトを取った場合に常に初期対応があたらなければならない。医学的な処置が必要な場合はトーナメントドクターの診断、処置を要請する立場にある。

メディカルタイムアウト

・ケガや体調不良をきたしたときの処置(試合中、ウォーミングアップを含む)

・1試合につき、2回まで

・競技者がアンパイアを通して医師またはトレーナーへ処置を要求する

・初期評価を行い、必要があればコート内で3分間の治療または手当てが受けられる

→評価も3分くらいが目安。

・肌を露出しなければならない場合のみ、コート外での処置が認められている

・けいれんの場合、1試合につき1回のみ

 

メディカルタイムアウトを取れない場合

・病気、治療や手当てをしても改善しないと診断された症状

・既往症(試合前に負っているケガなど)

→プレー中に急激に悪化した判断された場合のみ受けられる

・疲労、体力的な消耗的な症状

・注射、酸素吸入、点滴を必要とする症状

→事前申告があれば糖尿病に必要な処置をすることは許される

 

ヒートルール(過酷な気象条件に関する規則)

・女子シングルスの場合、会場の気温が35℃以上に一方の競技者が希望するとファイナルセット前に10分の休憩が認められる

・この10分の休憩では、コーチングを受けることはできない。

普通にスポーツをみて楽しむのも良いですが、ケガが発生した時にどのように周りのスタッフが対応しているかを観察するといつもと違った目線でスポーツを楽しめると思います。

トレーナー川田

7/9 勉強会

がん探知犬のラブラドールレトリバーのマリーンちゃんについての勉強会を行いました。

10歳雌韓国で皮膚細胞からクローンを4頭作成、うち1頭は日本にいて訓練中マリーンちゃんの

子孫4頭も訓練中日本医科大学と研究中。

大腸がん呼気法(ピロリ菌の呼気採取バッグを使う)

165検体感度91% 特異度99%内視鏡時の腸液使用 185検体感度97% 特異度99%

参照 便潜血法 感度 進行がん80% 早期がん50%

その他子宮がん、乳がん、卵巣がん、胃がんも同様に高率で検出可能

世界各国では?Willisら 膀胱がん 感度41%McCullochら 肺がん、乳がんHorvathら 卵巣がん

課題1日に可能なテストは4,5回育成費 1頭500万円どんな匂いに反応しているのかを目下検索中

他にはこんな動物も有用と目されています。(線虫 尿1滴で検査可能 コスト数百円)

長谷川美穂

2015年7月9日

勉強会

足関節捻挫後遺症

足関節捻挫後遺症とは

捻挫受傷後の急性期に生じた組織損傷や機能低下が、正常な治療または回復過程を経ず、何らかの症状が慢性的に残存した状態の総称。

主な症状:不安定感、疼痛

 

 

慢性足関節不安定症(chronic ankle instability:CAI)

近年、足関節捻挫後遺症の主症状である不安定感の原因は、靭帯損傷による構造的な不安定性とその他の機能低下に大別されてとらえられている

。しかし、臨床的には不安定感が構造的な問題に起因しているのか、機能的な問題に起因しているのかを特定することは難しく、実際には両者が混在して反復性の捻挫に陥るケースが多い。構造的および機能的低下により慢性的な不安定感が残存し、複数回の捻挫を繰り返している状態は慢性足関節不安定症と呼ばれている。

PT

・関節可動域

・筋力強化

・固有感覚・バランストレーニング

・スポーツ動作

 

PT向井

2015年6月19日

医院と治療院

レントゲンの撮れない整形外科、診断書が発行できない整形外科
実はそんな処はありません。
医療保険が使える施設には医師が診療する保険医療機関と柔道整復師や鍼灸・マッサージ師が開業した治療院があります。
後者は保険医療においてはその一部分のみを扱っていますので、その違いを区別してうまく使い分ける必要があります。
以下参考にしてください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/jyuudou/

2015年6月12日

5/27 勉強会

5/27(水)の勉強会は、トレーニング業界ではビッグ3のひとつと呼ばれている、スクワットについての勉強会を行いました。

スクワットというトレーニングは健康増進、ダイエット良く聞きますが、何のための運動か、実際にどのようにして運動するかを考えました。

下肢の関節、足関節、膝関節、股関節を効率良く使うための運動になります。様々なスポーツのランニング動作、野球の守備の構え、バスケットのディフェ

ンスなど様々な動作で効率よく運動し、その中での筋力発揮をするトレーニングです。

また、トレーニングだけではなく、動作不良の改善をすることでケガの予防につながります。さらにスポーツを行っていない一般の方へも効果的です。椅子

からの立ち座りなどはスクワットの動作と同じ部分があります。効率の良い動き、使い方を身につけることで負担のかかっている動作を軽減し、関節への負

担を減らします。動作不良をみつけ、ここの筋肉が硬いのか、または筋力の低下しているのか、ただ単に使い方を知らないのかを考え、改善できるような運動

メニュー提供していきます。動作をみるという点においてスクワットというトレーニングは非常にわかりやすいと思います。トレーナーだけでなく、医療従事者

の方々は、動作をみるということ把握し、今後の業務にて患者さんへちょっとしたアドバイスができれば良いと思いました。

トレーナー川田

2015年5月29日

5/13 勉強会

5/13 勉強会
痛風について
痛風は尿酸が体内にたまり、結晶成分が関節内に析出し激しい関節炎をきたす疾患です。
痛風発作は非常に劇的で、発赤と腫脹、強い痛みを伴い、足の親指のつけね(MTP関節)に好発します。

関節炎の治療として非ステロイド性消炎鎮痛剤投与、高尿酸血症の治療として日本痛風・核酸代謝学会ガイドラインによれば、痛風発作があれば薬物治療を考慮、痛風発作の既往がない場合は血清尿酸値が8mg/dl未満の場合には生活指導のみで経過観察、血清尿酸値が8mg/dl以上の場合は肥満や高血圧症など合併する疾患があれば薬物治療を考慮、血清尿酸値が9mg/dlの場合は薬物治療を考慮となっています。

プリン体は尿酸のもとになる物質で、肉や魚、貝類、干物などに多く含まれ、アルコール類、果糖などもとりすぎに注意しましょう。

佐藤康史

 

2015年5月28日

人材採用について

勉強会

最近、スタッフが増加しています。同じ目的の為に仲間を迎えるときに重視することについてお話ししました。

①貢献できる能力

②組織とのマッチング

とりわけ仕事にあたっての心構えとして以下の5要素を評価しています。

・外向性

・開放性

・協調性

・誠実性

・情緒安定性

職場においてはこれらが高くバランスがとられている事が望まれます。

減スタッフも意識して日頃の業務にあたってほしいものです。

齋藤

2015年5月21日

座り方のコツ

「前かがみでお尻を一番後ろまでグイッと引いて座ろうね」

日本姿勢教育協会の理事で、12年間にわたって全国の小学生に正しい椅子の座り方を指導している碓田拓磨さんは、「姿勢が悪いために、授業に集中できなかったり、疲れやすい子が増えている」と警鐘を鳴らします。

「両肩が落ちて前かがみの姿勢、いわゆる“猫背”では、肺が広がらないため、深い呼吸ができません。結果的に脳への酸素供給量が減って、ボウッとしやすくなります。また、猫背では首が前に出て、体重の1割もの重さがある頭や上半身を筋肉だけで支えるので、肩こりや腰痛になりやすいのです

さらに背骨は重要な神経の通り道なので、猫背だと運動能力が落ちたり、自律神経が乱れるなどの弊害が生じるそうです。

姿勢を良くすると、活動するときに働く交感神経が優位になることがわかっています。やる気が高まり、臨戦態勢に入った状態です。私はこれを“ON(オン)の姿勢”と呼んでいます。このような状態で授業を聞くと、集中できるので、学習効果が高まります」

なるほど、そうですね。

スポーツ外来を担当されている林先生も姿勢と呼吸の大切さを述べております。常に心がけ習、慣にしてゆきたいものですね。

齋藤

 

 

 

 

2015年4月14日


〒239-0804 神奈川県横須賀市吉井2-3-3 TEL.046-802-5200 FAX.046-841-5220

Copyright (C) 2018 さいとう整形クリニック. All Rights Reserved.